白釉
コーヒーカップ、鉢、茶碗



白釉で焼かれた3作品です。
コーヒーカップは白土、鉢と茶碗は赤土ですね。黒色の小さな斑点が渋みを出しています。なかなかいい作品ですね。



青磁ティーポット



半磁器土に青磁釉で焼かれたティーポットです。ポットのつまみ部分がかわいいですね。紅茶に注ぐミルク入れなんかにしたら最高でしょう。



白釉茶碗、湯のみ、とっくり



赤土に白釉を掛けて焼いた3作品です。
造形に味わいがありますね。ロクロでひいて、最後にちゃっとゆがめてみる。手作りの良さが感じられます。



白釉ポット



赤土を白釉で焼いたポットです。フタのデザインがいいですね。釉薬の濃淡が質感に変化を与えています。



************

青呉須 一輪挿し&蓋もの



青呉須で描かれた作品です。色は透明でしょうか。
蓋ものもサイズがきっちりと合ったようです。
これからの季節、梅干なんか入れておくといい感じですね。



青呉須 湯のみ



口縁部を青呉須で彩った湯のみです。夏らしくていいですね。
シンプルながら素朴な風合いを感じさせてくれます。



白釉コーヒーカップ



白釉で焼かれた手びねりのコーヒーカップです。
夏らしく青呉須の色合いが涼しさを与えてくれますね。
呉須と鉄絵が手びねりの木訥な雰囲気にマッチしています。



紅志野、白釉湯のみ



紅志野と白釉で焼かれた湯のみです。
左は紅志野単体。薄ピンクのきれいな風合いが出ています。
一方、右の白釉湯のみには花の絵柄がきれいに転写されているんですね。
手前と奥に転写してあるので、奥行き感が感じられて、いい作品に仕上がっています。