紅志野湯のみ



●講評
白土に紅志野釉を掛けて焼かれたものです。還元焼成によって紅色の風合いが良く出ています。湯のみって形はシンプルなものですが、全ての造形は湯のみから始まると思って間違いない。簡単そうで意外と難しいのも湯のみの特長です。
この形をよく練習すれば、いろんなものがひけるようになるでしょう。




白釉中皿


●講評
白土に鉄絵を施し、白釉で仕上げたものです。絵柄、造形などに奥深い味わいがあります。きっちりとした形ではない微妙なゆがみや朴訥な絵柄。まさに通好みの逸品と言えるでしょう。いい皿です。



鉄絵焼締め飾り


●講評
赤土に鉄絵を書いて、釉薬を掛けずに焼締めたものです。ハート型がかわいいですね。
写真では1点だけ携帯ストラップを付けてみましたが、ちょっとしたプレゼントに最適です。



絵付け皿&小鉢



●講評
青磁や透明で仕上げたワンポイントの絵柄がかわいいお皿&小鉢です。
絵付けは転写でしょうか。きれいに仕上がってますね。カラフルな絵柄なので使ってて楽しめそうな作品です。