google home miniとポケトークで、外人さん いらっしゃい!

陶芸体験の電動ろくろ体験教室はこちら。

**********************

さて、熊谷では今年2019年にラグビーのワールドカップを迎える。
2020年には東京でオリンピックがある。
当然、連想できることは、外国人の方をどう接客するかだろう。

ウチの場合、陶芸体験に訪れる外国人接客として、まず通訳をどうするかを検討した。
自分が英会話ペラペラならなんてことない話だが、昔の受験英語のみでは心もとない。
しかもネイティブの英語は、日本人の話す英語とはスピードや発音が全然違う。みなさんも映画やテレビを見て、実感として感じていることだろう。

さあ、どうするか。

そこで、以前に考えたのがポケトークという翻訳機器なのだが、じつはひとつ問題が。
ポケトークは本体を手で操作しないといけないので、陶芸のろくろ作業中は使えないことが判明。
ハンズフリー機能はないようで、このままだと操作担当者が別に必要になってしまう。

なんかいい方法はないのかなあと探していたら、ネット上にあるニュースを発見。
スマートスピーカーのgoogle home で、通訳機能が始まったとのこと。

このgoogle homeのminiってやつを、ちょっと前に購入して使ってはみたものの、これといった使い道を見つけられず、飼い猫の寝る部屋のラジオ代わりに使っていたのだが、ある日突然ネットに接続できなくなり、面倒でそのまま引き出しの荷物になっていた。

こいつが通訳に使えるなんて。

早速、引き出しから取り出し電源コードに繋げてみる。

で、「オッケー、グーグル」「英語で通訳して」と2語を投げかける。

「それではどうぞ」とgoogle home が話す。

私「おはようございます」

google home「good morning(英語)」

おおー、通訳してくれてるではないか。

私「あなたの名前は何ですか」

google home 「what’s your name?」

その後、何度も日本語で話かけてみるが、ものの見事に全て通訳してくれる。

が、疑問点が2つ。
一つ目は、果たしてこの訳は合っているのだろうかってこと。

ポケトークなら日本語が表示されてから英語に訳されるので確認が取れるのだが、google homeは正解の確認が取れない。

しかし、ここは世界のgoogleを信じることにしよう。

で、もう一つの疑問というより感じたことは、
こっち側の日本語は訳せるが、相手の英語は訳せない。
そう、2方向の同時通訳ができないのだ。

googleさん、何か方法はあるのでしょうか。
私が知らないだけで、2方向の通訳機能はあるのでしょうか。

考えた対策として、
この機器を2つ同時に使って、一方は日本語→英語。
もう一方は、英語→日本語という作戦。

ただこの機器は音声をしっかりと拾うので、訳を訳したりの、ハチャメチャになりそうな気がして止めた。

他の方法は…。

相手の英語訳は、こちらの手に泥が付いてる時は、ポケトークにジップロック。
これなら泥で汚れても大丈夫。
どうでしょう。

さあ、このgoogle home とポケートークがあれば、鬼に金棒!?
となればいいのだが…。
あとは実戦あるのみ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です